インシュレーター

インシュレーター
上下を固定するタイプです。
たわみ量を十分に確保できるため、わずかな振動も除去します。

選定方法

インシュレーター(4点支持)にかかる総重量を把握し、下記表内の適合する適正荷重のインシュレーターをお選びください。

形状 品番 θ-A θ-B θ-C MN-3 MN-5 MN-7 MN-10 θ-TW
適正荷重
(kg/4点)
2.0~3.2 1.6~2.4 3.2~8.0 8~14 14~22 22~34 34~50 50~100
形状 品番 BG-7 BG-8
適正荷重
(kg/4点)
3.2~6.4 6.0~16.0
形状 品番 SF-2 SF-5 SF-10 SF-30 SF-50
適正荷重
(kg/4点)
5~13 13~30 30~50 100~140 120~300

標準仕様

θシリーズ:上下方向の振動吸収に適するタイプ

低荷重向けでサイズを変えることで適正荷重の調整をしています。

形状 適正荷重
(kg/4点)
共振点
(Hz)
共振倍率
(dB)
使用推奨
周波数(Hz)
h
(mm)
θ-A 2.0~3.2 16~15 12 23~ 13
θ-B 1.6~2.4 13~11 13~12 18~ 18
θ-C 3.2~8.0 14~12 13~12 20~ 18
MNシリーズ:上下方向の振動に適するタイプ

同一形状でゲルの硬さを変えることで適正荷重の調整をしています。

形状 適正荷重
(kg/4点)
共振点
(Hz)
共振倍率
(dB)
使用推奨
周波数(Hz)
MN-3 8~14 12~10 12 17~
MN-5 14~22 11~10 14~13 16~
MN-7 22~34 11~10 16~15 16~
MN-10 34~50 11~10 20~18 16~
θ-TWシリーズ:中荷重向のタイプ

4点支持で50kg~100kgの機器を防振します。

形状 適正荷重
(kg/4点)
共振点
(Hz)
共振倍率
(dB)
使用推奨
周波数(Hz)
θ-TW 50~100 10~8 20~19 14~
BGシリーズ:バネとゲルの複合タイプ。

特に上下方向の振動に効果を発揮します。

形状 適正荷重
(kg/4点)
共振点
(Hz)
共振倍率
(dB)
使用推奨
周波数(Hz)
ボルト径
BG-7 3.2~6.4 10~8 16~14 14~ M-3
BG-8 6~16 10~8 18~16 14~ M-6
SFシリーズ:底面にプレートが付いたタイプ

取り付け時の余分なスペースが無くなり、機器の小型化を実現します。

形状 適正荷重
(kg/4点)
共振点
(Hz)
共振倍率
(dB)
使用推奨
周波数(Hz)
SF-2 5~13 15~10 12~13 22~
SF-5 13~30 13~9 15~16 19~
SF-10 30~50 12~9 19~21 17~
SF(ゴム被膜)シリーズ:底面にプレートが付いたゴム被膜タイプ

ゲルをベローズ型EPDMゴムで被覆しているため、耐久性がさらに優れ、屋外での使用にも適します。

形状 適正荷重
(kg/4点)
共振点
(Hz)
共振倍率
(dB)
使用推奨
周波数(Hz)
SF-30 100~140 8~9 18~19 13~
SF-50 120~300 10~15 12~18 15~

取付方法

ゲルを10~30%圧縮した状態で最も高い防振効果が得られます。

正しい使用方法

1.均一な荷重
2.ステイ等を利用して圧縮し方向での吊り下げ

誤った使用方法

1.不均一な荷重
2.ボルト穴の芯ズレ
3.ゲル部分のねじれ
4.引張方向の使用
5.剪断方向の使用

応用例

さらに詳しい情報をお望みの方は、お問い合わせからご連絡ください。

ご購入はこちら