パッキン(紫外線(UV)硬化型シリコーンゲル)

小型精密機器用パッキン
光ディスク用ピックアップに長期採用実績のあるαGEL(アルファゲル)の紫外線(UV)硬化型シリコーンゲルは、線引き塗布技術の開発により、小型精密機器の防水、防塵、防振、緩衝等に役立つパッキン用途にもご利用いただけるようになりました。

  

特長

設計の自由度が拡大

塗布した形状に紫外線(UV)で硬化させるので、金型が不要で自由な形状に設計できます。

コスト削減と納期短縮

筐体に直接塗布して硬化させるため、パッキン用の成形金型が不要で、生産の自動化が可能です。
金型費用の削減、はめ込みの手作業によるロス低減、生産自動化による納期短縮が可能です。

機器の小型化

ゴムパッキンと比べパッキンサイズの小型化と薄型化が可能となり、筐体の小型化につながります。

取扱いが簡単

1液性のため混合の手間がなく、混合ミスの心配がありません。
接着剤とは異なり、硬化後のリワークも可能です。

低硬度の柔らかいパッキンを実現

原料を筐体の上で成型するため、手作業では扱いにくい超低硬度の柔らかいパッキンも実現可能です。

適用例

精密機器、スマートフォン
携帯電話
デジタルカメラ、デジタルビデオカメラ
アクチュエーター、複写機、モーター
モバイル機器

注意事項

各種データは保証値ではありません。また記載内容及び仕様数値は、今後予告なく変更される場合があります。
ご使用の際には、必ずお客様にて用途に応じた事前テストを十分に行い、当該用途への適正をご確認ください。
当社製品は、一般工業用途向けに開発されたものです。医療用インプラント製品には絶対に使用しないでください。
本製品は、シリコーンを原料としているため、低分子シロキサンを含有しております。使用状況により、シリコーン原料に由来するオイル分がにじみ出すことがあります。
太陽光や蛍光灯の光には紫外線が含まれているため、外光が入る場所や蛍光灯の下で作業をすると本製品の硬化が進行する可能性があります。外光をできるだけ避け、紫外線カットタイプの蛍光灯の下でのご使用を推奨します。
製品は、5℃~40℃の暗所に保管してください。
売主および製造者は不良であることが証明された製品につき同等の代替品を供給しますが、それ以外の責任は負いません。
売主および製造者は本サイトに記載されていない事項もしくは推奨につき、売主および製造者の役員が署名した契約書によらない限り責任を負いません。
当社製品の輸出入に関する法的責任は全てお客様にあります。輸出入に関する各国の法令等を事前に調査してください。
本サイトの著作権は株式会社タイカにあります。当社に無断の複写・転載は固くお断りいたします。

本製品に関するお問い合わせ

パッキン用途でもUV硬化型シリコーンゲル製品に関するご質問、お問い合わせは、
以下いずれかの方法にて承ります。

1: フォームからのお問い合わせ

お問い合せフォームへ

2: 電話でのお問い合わせ

αゲル営業部 03-6367-6623
大阪支店 06-6990-5599