参考になる!なる!モデル成功事例レポート

現場の情報は現場から学びましょう!理想の床ずれケアを実践している病院、施設を紹介しています。

独自開発の褥瘡管理システムの導入で、
医療の質向上と数千万円の経費削減に成功
 NEW


市立函館病院
市立函館病院 皮膚・排泄ケア認定看護師
水木 猛夫さん

市立函館病院は、設立以来、地域がん診療、救急救命センターなどの高度医療を担う函館市の基幹病院です。
734の病床には重篤な患者さんが多く、在院日数が短縮化されている中で、褥瘡予防に積極的な対応をしています。
今回は、皮膚・排泄ケア認定看護師として多数の職種をまとめ、病院独自で開発した多部門連動型褥瘡管理システムを導入し、褥瘡対策や院内の業務効率化を推進してきた、水木猛夫さんにお話を伺いました。

詳しくはこちら

多職種連携の成功事例
~熱意を持った専門的視点と理念の浸透が褥瘡対策のカギ~


船橋市立リハビリテーション病院
介護付有料老人ホーム フォレスト垂水
理学療法士 上山 喜也さん

フォレスト垂水は「もっと元気になろう」をスローガンに、介護に関わるさまざまな職種のスタッフが連携して、ご入居者がその人らしく生活できる環境作りを目指しています。 ポジショニングやノーリフティングポリシーという考え方を柔軟に取り入れながら、理学療法士として、多数のスタッフと連携をとる上山喜也さんに同ホームの褥瘡対策についてお話をうかがいました。

詳しくはこちら

ほめることが大切。仲間を増やして褥瘡ゼロを目指します。

船橋市立リハビリテーション病院
医療法人徳洲会 新庄徳洲会病院 皮膚・排泄ケア認定看護師
八鍬 恵美さん 

これほど医療が進歩している中でも、まだまだ褥瘡に苦しんでいる患者さんがいます。病院では予防や早期発見、治療ができても、在宅や施設で療養する患者 さんに必要なケアができるとは限りません。
褥瘡に対する知識や情報を地域の医療関係者、介護者が共有していくためには、情報発信者の大きなエネルギーが必要です。自らの褥瘡への取り組みを、自 然な口調で淡々と語る新庄徳洲会病院の皮膚・排泄ケア認定看護師・八鍬恵美さん。決して、自分が先頭に立つのではなく、それに関わるすべてのスタッフが スムーズに参加できるように、まず、院内の組織や環境を整備していきました。そして、その目は今、地域に向けられようとしています。

詳しくはこちら

ケアされる人の気持ちとケアする人の幸せを大切にしたい

船橋市立リハビリテーション病院
福井社会保険病院 皮膚・排泄ケア認定看護師
長谷川 美智子さん 

褥瘡対策について、時には熱く、時にはユーモアを交えて明るく話すのは、福井社会保険病院で院全体の褥瘡管理を担当されている長谷川 美智子さん。
その言葉の中には、褥瘡対策成功のポイントがたくさん隠されていました。セミナー参加をきっかけに、講師や他の参加者と“患者に対する想い”を 共有できたことが、 大きな自信に繋がり、それらが形になってきたようです。

詳しくはこちら

連載 その3 チームアプローチに欠かせないセミナーによるスキルアップ

船橋市立リハビリテーション病院
船橋市立リハビリテーション病院

船橋市立リハビリテーション病院の「チームアプローチ※による褥瘡管理」を取り上げた連載の3回目です。 これまでは、院内の体制と院内セミナーの意義、その成果の検証について現場のリアルな状況をお伝えしてきました。 最終回となる今回は、褥瘡対策委員会委員長の石原健さんに総括していただきました。

詳しくはこちら

連載 その2 情報の共有とレベルキープがチームアプローチの鍵

船橋市立リハビリテーション病院
船橋市立リハビリテーション病院

3回シリーズでお送りしている船橋市立リハビリテーション病院のレポート第2回目です。 今回は褥瘡対策に奔走する4名のスタッフへの取材を通して、チームアプローチと研修体制の詳細、それらが褥瘡対策にどのような成果を生み出しているかなど、現場の生の声をお届けします。 褥瘡対策セミナー参加者(4名)へのインタビュー。

詳しくはこちら

連載 その1 チームアプローチによる褥瘡管理のメリット

船橋市立リハビリテーション病院
船橋市立リハビリテーション病院

船橋市立リハビリテーション病院はJR船橋駅から車で10分、船橋市立医療センターに隣接して2008年4月に開院した全国でも珍しい公設民営のリハビリテーション病院です (指定管理者は医療法人社団輝生会 68床(2010年には200床))。 『再び輝いて欲しい…それが願いです』をキャッチフレーズに、徹底したチームアプローチを特色とし、褥瘡対策に関してもこのシステムにうまく乗せて成果を出しています。
本誌では、今春新たに配属されたスタッフ向けの教育プログラムが始動するこのタイミングで、3回にわたり船橋市立リハビリテーション病院の褥瘡対策を追跡レポートします。 第1回目は生活環境整備担当チーフの宮本晃さんに、現在の仕組みやこれまでの活動内容についてお話をうかがいました。

詳しくはこちら

スタッフ全員が知識と技術を共有する事の大切さを実感しています。

石崎病院
石崎病院

昭和12年開業以来、旭川市で70年以上の歴史を持つ石崎病院。 かつて旭川市民の台所と呼ばれた「15丁目」の近隣に位置し、親の代から通っている人も多い。 「病院は患者さまのために」を経営理念に掲げ、訪問診療を積極的に行うことで、地域で生活する方々に質の高い医療・介護を提供しています。 特に褥瘡対策においては療養型病棟を備えるなど重篤ケースにも対応しています。 その中で今後の医療改革による変化を見据えながら、セミナーで常に新しい技術や知識を学び、 褥瘡に悩む患者さまの心の拠り所となれる病院組織を目指す現場の方々にお話を伺いました。

詳しくはこちら

小さな成果が病院のレベルアップにつながり、そして地域の環境づくりに広がる

彦根市立病院
彦根市立病院

医療機関でも患者のQOLに目が向けられるようになり、褥瘡予防が改めて認識されるようになりました。 そんな中で滋賀県彦根市の彦根市立病院では、この10月1日から、褥瘡外来がスタートしました。 形成外科の伊藤文人先生、看護科長補佐である北川智美さんを中心に、看護師、管理栄養士とソーシャルワーカーと、 状況に応じて加わる薬剤師、理学療法士からなる褥瘡外来スタッフで、毎週水曜日、午後2時から予約制で行われている診察は、 地域の広報やテレビ、新聞などのメディアで報じられたこともあって、患者さんが後を絶ちません。
一人の患者さんに何人ものスタッフが対応するので、一人の診察に30分を超えることもしばしば。 既に診療時間の増加を考えなければならない状況にもあります。 しかし、彦根市立病院の褥瘡予防に対する挑戦はこの褥瘡外来だけではありません。 在宅医療や訪問介護と一体になった地域ぐるみの褥瘡予防に広がろうとしています。

詳しくはこちら

『褥瘡ゼロ』を病院から地域に広げたい静岡市立清水病院の取り組み

静岡市立清水病院
静岡市立清水病院

2002年の「医科診療報酬主要改定項目」の「褥瘡対策未実施減算」制度や、 2003年、特定診療費で介護報酬に「褥瘡対策指導管理」が設置されるなど、褥瘡ケアは医療や福祉の現場で今、タイムリーな問題としてクローズアップされています。 その中で効果的な褥瘡対策を実践している静岡市立清水病院の事例をご紹介しましょう。
院内発生だけでなく、在宅での発生率まで下げる、地域と一体になった褥瘡対策を実践。

詳しくはこちら

OHスケールの導入とマットレスの充足による褥瘡有病率の劇的な減少

JA愛知厚生連 豊田厚生病院(旧厚生連加茂病院)
JA愛知厚生連 豊田厚生病院(旧厚生連加茂病院)

今回は、堀田予防医学・統合医療研究所 代表取締役の堀田由浩先生にお話を伺いました。 堀田先生は、病院はもちろん、在宅でも褥瘡対策の新しい試みを実施し成果を出していらっしゃいます。 今回は、その数ある事例の中から、先生が褥瘡予防に目覚め、飛躍的な成果を出した記念すべき事例をご紹介します。

詳しくはこちら