リクルート - 新卒採用 - 社員紹介 | Taica
ホーム > リクルート > 新卒採用 > 社員紹介 > 増田 奈津実

リクルート

求める人材

新卒採用

社員紹介
就職イベント
採用までの流れ
募集要項

中途採用

採用までの流れ
募集要項

契約社員

募集要項

採用に関するお問い合わせ

個人情報保護方針

社員紹介

曲面印刷営業担当 増田 菜津実(2008年入社)

日本の「あたりまえ」が通用しない海外営業。
大変さのその先に、楽しみがあります。

自分の海外経験の中で日本の技術のすごさを実感していたことから、就職活動はメーカーを前提に進めました。入社の決めての一つは、タイカが掲げていた「人にやさしい技術を提供する」 という考えに共感したことです。また、“売り”となる日本の技術を有していたこともポイントでした。
研修後は経理部へ配属され、2年目に曲面印刷の営業に異動しました。現在は、東南アジア・オセアニア・アメリカの技術ライセンス先と関連自動車メーカーへの営業を担当しています。 「営業」と言っても、デザイン提案から生産準備に関わる工場や技術ライセンス先との調整、サプライヤーへの売込み等、業務は多岐にわたります。海外営業では、日本での「あたりまえ」が通用しないところは大変ですが、 自分がデザイン提案から受注、生産準備まで手掛けた自動車が海外市場で走っているのを見つけることができ、楽しみ一つでもあります。

社員紹介・インタビュー

Q

タイカに入社を決めた理由は?

A

過去に私自身が海外で暮らした経験があり、日本の技術のすごさを実感していたので、就職先はメーカーを前提に考えていました。 複数の会社をまわったなかで「人にやさしい技術を提供する」というタイカが掲げていた考え方に共感したことが入社の決め手の一つです。 また、“売り”となる日本の技術を有していたこともポイントでした。入社前にタイカの社員と会った際にフレンドリーさがあったことも大きな決め手です。

Q

仕事内容を教えてください。

A

最初に配属された経理部では、会社の数字の発生・流れを勉強する管理会計を学び、その後、「発生する費用」に関する請求書や経費処理を担当しました。 日々の業務の中でも税法や会計のルールなど、学ぶことが限りなくあり、できるだけ多く吸収していこうと心がけていました。
2年目の途中でキュービック営業部に異動し、現在まで、東南アジア・オセアニア・アメリカの技術ライセンス先への営業および関連自動車メーカーへの営業活動を行っています。 営業と言っても、デザイン提案から生産準備に関連した工場側・技術ライセンス先との調整、サプライヤーへの売込み等、業務内容は多岐にわたります。

Q

これまでの仕事で面白かったこと、やりがいを感じたことは何ですか?

A

経理部では、新しい会計システム導入時、経費処理の担当だった私の意見も参考にシステムが作られたことが良い経験になりました。 システムを皆で作り上げることで、自分の仕事が社内全体とつながっていることを強く感じました。改善・効率化を進めるさまざまな手法を考える機会が得られ、チャンスに恵まれていたと思います。
キュービック営業部で最もやりがいを感じる瞬間は、自分がデザイン提案から受注、生産準備まで手掛けた自動車が海外の市場で走っているのを見つけたときです。 また、複数国を担当しているので、「デザイン」という軸で見た際に各国で好まれるテイストを知ることができるということも面白さの一つです。 日本のデザイナーの方から「海外で何が人気なのか教えてほしい」と言われた際、この経験が役立ちます。

Q

大変なのはどんなときですか?

A

日本での「あたりまえ」が通用しないとき、大変さを感じます。国によっても考え方は違いますが、人によっても対応の仕方が異なります。 そのため、海外のお客様と仕事を進めるうえで気を付けるべきポイントを模索することが最も難しいと常に感じています。逆に、そのポイントを見いだせた時には良い関係を築く土台を作ることができたと思います。

Q

大学時代の専攻と仕事でどのように役立っているか教えてください。

A

大学時代の専攻は国際関係学で、主に国際政治経済を学んでいました。大学での経験から物事に対して「なぜ?」「課題・問題は何か?」と目的や軸を見出すことを癖にしていました。 また、日本だけではなく、世界を視野に入れて多角的に物事を見つめるということも大学で学んだことで、それが自分の考え方の根本を作っています。この大きく二つの考え方が仕事をコーディネートするうえで役立っています。

Q

社会人として、また仕事で必要だと感じることは何ですか?

A

仕事をするうえで必要だと私なりに見出したポイントは、
・自分から学び、行動する積極的な姿勢を持つこと→何事も経験!
・言われなくても先を読み、仕事を進めること
・一つの考え方にこだわりすぎない、常に工夫を考える
・ニュースや周りの人の話にアンテナを張っておく
です。
また、語学力があると、仕事が広がり、入手できる情報量も増えます。柔軟な考え方や臨機応変な対応力、環境適応能力も鍛えていくことが大事では、と最近感じています。

Q

タイカはどんな会社ですか?

A

・自分が積極的な姿勢をとれば、様々なチャンスが得られる会社
→こうしたい、こう改善してみてはどうか、と根拠をもって考えを示すことができれば、それを具体的にアクションに落とし込むことができ、若手でも色々と任せてもらえます。 自分で「やりたい仕事」を形作っていけるチャンスがあります。
・グローバルな中小企業の一つ
→海外のお客様と直接契約から案件対応まで、営業担当が全てこなすので大変です。しかし、自分はグローバルな会社の歯車の一つではなく、いくつもの歯車となって臨機応変な対応ができるところが面白い部分です。
・オフの時でも楽しめる
→会社のフットサルサークルに参加しています。他部署の方と交流する機会になり、人間関係に広がりが出ました。

Q

これから挑戦してみたいことや目標を教えてください。

A

マーケティングと営業のノウハウを今後も多く身につけて行きたいです。案件を獲得する手法は一つではないため、 あらゆるパターンに対応できるような営業マンになるべく努力していきます。また、海外関係の書類作成に携わることも多く、契約関連の内容や用語等も学んでいきたいと思っています。

Q

就職活動中の皆さんへメッセージをお願いします。

A

色々な会社の仕事の話を聞けるのは今のうちです。ぜひ、積極的に話を聞いてみてください。 ただ、自分なりの仕事への思いや考えの軸を形作ることも忘れずに。軸があると同じことでも話す、聞く内容が変わってきます。 少しでもやりたい仕事に近づけるよう、頑張ってください。

他のインタビューを見る

A A A A

ページの先頭へ

ホーム | トピックス | 事業紹介 | 会社案内 | リクルート |