TOPICS トピックス

タイカニュース

  • 2014/02/14
  • 上海拠点が新事務所へ移転

    当社の上海における販売拠点である泰已科(上海)国際貿易有限公司(以下「タイカ上海」)が、2014年3月1日より新しい事務所に移転します。

    1.移転の目的

    これまでタイカ上海は、主に多機能素材事業の販売拠点として活動してきました。しかし、近年、ウエルネス事業の主力製品である床ずれ防止マットレスの販売や、曲面印刷事業のデザイン業務に力を入れるなど、その活動を拡大しています。それに従い、従業員の新規採用と必要なスペースの確保のため、新事務所への移転を決定しました。
    タイカ上海の営業体制を強化することで、中国での一層の収益拡大を目指します。

    2.移転先

    中国上海市黄浦区福州路666号「金陵海欣大厦」16階

    3.移転予定日

    2014年3月1日

    4.タイカ上海の概要

    (1)商号: 泰已科(上海)国際貿易有限公司
    (2)董事長: 藤原 晴之
    (3)主な事業内容: 多機能素材「αGEL(R)」「DSP(R)」および寝具・医療介護用品の販売
    曲面印刷フィルムのデザイン
    (4)設立年月日: 2003年1月21日
    (5)資本金: US$ 800,000
    (6)決算期: 12月
    (7)出資比率: (株)タイカ 100%子会社
    (8)従業員数: 15名


    —ご参考———————————————————-

    【(株)タイカの概要】

    商号: 株式会社タイカ
    代表者: 代表取締役社長 鈴木 大登
    所在地: 東京都港区高輪二丁目18番10号
    U R L: http://www.taica.co.jp
    設立: 2006 年6月1日(創業 1948年)
    主な事業内容: 衝撃吸収・振動防止用素材「αGEL(R)」、寝具・医療介護用品「αPLA(R)」の製造販売
    曲面印刷技術「CUBIC PRINTING(R)」、「E-CUBIC(R)」関連の製造販売・技術供与
    資本金: 6億7000万円


    【タイカ上海で販売する主な製品】

    ○衝撃吸収・振動防止用素材「αGEL」

    αGEL(アルファゲル)は、ビルの6階に相当する地上18mからの生卵落下テストで、わずか2㎝厚のシートで卵を割ることなくぴたりと静止させています。
    採用分野は、スポーツ、文具、精密機器、電子機器、産業機器など多岐にわたります。
    ※卵落下の画像は、(株)タイカの登録商標です。


    ○グリップ素材「DSP」

    DSPは、布や人工皮革の上にゴム状突起物を成型したシートです。軽量でありながら優れたグリップ力と耐摩耗性を持つことと、豊富なデザインが特長です。
    シューズの靴底やウエットスーツ、手袋、鞄など、さまざまな製品に採用されています。


    ○床ずれ防止マットレス「αPLA-s」

    αPLA-s(アルファプラエス)は、体圧を効率よく分散させて床ずれを防止する介護用マットレスです。マットレスの両端に硬いウレタンを使用することで、ご利用者の立ち上がる動作をサポート。快適な「眠り」と「動き」のバランスが取れたマットレスです。


    【お問い合わせ】

    広報担当 大久保(おおくぼ)
    TAICA_PR@taica.co.jp TEL03-6367-6604