大熊裕司 人事総務部 | 転職者インタビュー | Taica
ホーム > リクルート2018 > 若手社員紹介 > 転職者インタビュー > 大熊裕司 人事総務部

リクルート

転職者インタビュー

大熊裕司 人事総務部 | 転職者インタビュー

前職では、食品メーカーで、生産管理、経営管理、資材購買、マーケティング、人事管理の業務を経験しました。幅広くさまざまな仕事に携われたことは、自分の有形無形の資産になりましたが、その中でも約10年間携わった人事の仕事は、自分自身の大きな糧になったと思っています。その人事の経験をもって、当社にご縁を頂きました。タイカには「技術開発力」があり、「ポテンシャルの高い若手社員」がいる、という言葉が入社を決める殺し文句になりました。なぜか不思議と転職に対する不安はなく、わくわく感が大きく、また実際に温かく会社に迎え入れてもらったという印象が強いですね。

タイカに入社してまず実施したのは、幹部社員に対する教育研修でした。初仕事として社員にどう感じてもらえるかが大事でしたので、研修会社まで通い、実際に体験受講し、内容の確認や講師の選定まで口出ししました。研修会社の方は困惑されたかもしれませんが、受講者の反応が上々であったときは、正直ホッとしたのを覚えています。
若手社員の禅寺研修では、私自身も一緒に禅寺に泊まり込みました。慣れない「座禅」を全員で組み、冷たい川で「滝行」に挑戦することで社員の一体感を作ることに取り組みました。

人事や組織の仕事に携わっていて思うことは、会社や組織を強くするも弱くするも、人の上に立つリーダーの心構え次第だということです。職場で社員の見本となり、「自分の言葉」で仕事や夢を語れるリーダーがどれだけいるか、その存在こそが会社や組織の原動力につながるため、いかにリーダーを育てるかが大きな課題です。「社員の器の大きさの総和以上に会社は大きくならない」と経営トップから言われた言葉が心に残っていますが、私自身も組織の一員としてしっかり取り組んでいきたいと考えています。

タイカの一番の魅力は、意思決定の早さです。経営トップとの距離の近さ、意思疎通が図りやすい環境は当社の最大の強みであるといっても過言ではないと思います。新たな取り組みを提案できる場や、それを実現できる環境があることは最大の喜びかもしれません。 当社はαGELや曲面印刷といった技術で「世界に驚き」を提供してきました。その技術から派生した三つの事業でさらなるグローバル展開を図っており、将来の成長戦略を考えるとまだまだ人材が必要です。やる気や意欲のある人には仕事がどんどん回ってくる、そういった環境を意気に感じる仲間に参画してもらえるよう、採用活動に取り組んでいます。

ページの先頭へ

ホーム | トピックス | 事業紹介 | 会社案内 | リクルート